長野市 WB工法 注文住宅 新築 リフォームの寺島工務店

WB工法

いま、家が健康をむしばんでいる。

日本の住宅は現在、高気密化・高断熱化された住宅が主流になっています。
冷房によって冷やされた空気、暖房で暖められた空気を、高気密の部屋に閉じこめ、省エネルギー化を推進しようという目論見でした。ところが、ここにきて深刻な問題が浮上してきました。高気密化・高断熱化だけを突き詰めた結果もたらされた弊害。日本の気候風土を軽視した弊害。新築や改築直後に、頭痛、目やのどの痛み、吐き気、手足のしびれ、喘息発作、アトピー性皮膚炎の悪化といった健康被害を引き起こすシックハウス症候群もその一例です。室内の壁や床、天井に使われる建材から出るホルムアルデヒドなどの有害化学物質がこもってしまうことが原因と言われています。そして、結露によるダニやカビの発生問題も、高機密化ゆえの弊害です。これらの課題を解決するのが、『通気断熱WB工法』です。日本の伝統の建築技術を生かしながら、健康・快適・省エネ・高断熱を実現しました。


通気断熱WB工法とは?

日本の風土には、特有の高い湿度と夏冬の湿度差といった特徴があります。この過酷な環境の中で家の健康を維持するには、湿気による蒸れ腐れを解決しなければなりません。WB工法は、木の呼吸(調湿能力)で余分な湿気をなくしました。木そのものが家の湿度を調節して、夏冬問わずほぼ一定に保つことができます。これは自然の恵みを最大限活かす日本建築ならではの機能です。さらにWB工法では、自然な通気構造を組み込んで、家自身が呼吸しているような快適性を追求しました。結果的に蒸れ腐れの心配はなくなり、結露知らずの丈夫な家が実現したのです。現代の住宅がめざす健康・高耐久・省エネのヒントは、日本の伝統的な家づくりの中にあったのです。
大切なのは、通気と透過。湿気や化学物質が室内にこもってしまう窒息気密住宅は、住む人の健康をむしばみます。人の健康を守るには、家の通気性と、湿気や化学物質をこもらせないことが必要です。
通気断熱WB工法は自然な通気と透過のチカラで、湿気や化学物質の心配はありません。住む人と一緒に心地いい暮らしを生み出していく健康住宅。それが通気断熱WB工法です。


通気断熱WB工法住宅と従来の高気密・高断熱住宅の比較


Copyright(C)2012 TERASHIMA KOHMUTEN

長野県で注文住宅を建てる長野市の寺島工務店です。注文住宅、住まいのリフォームならお任せください。
活動エリア/長野市 須坂市 中野市 飯山市 千曲市 坂城町 上田市 東御市 軽井沢町 松本市を中心に活動しております。

本社/〒380-0961 長野県長野市安茂里小市2丁目19番2号 工場/〒380-0913 長野市大字川合新田2624

HOME経験豊かな大工の技呼吸する家WB工法住宅建築施工作品社寺建築施工作品店舗建築施工作品リフォーム実例お客様の声ワンダー・ベース
施工現場レポート寺島工務店ブログ会社概要・主な施行歴寺島工務店トピックスインフォメーションリンクお問い合わせ